トップ 肛門科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)岐阜県 > 早徳病院

早徳病院

早徳病院

急患診療可 入院設備あり バス停・宇佐

笑顔と信頼で、こころもからだも健康に…
整った設備と技術だけが、医療のすべてではありません。
当院は、最新の設備と確かな技術はもちろんの事、患者さん一人ひとりが安心して治療に専念できるよう、医師との信頼関係を育むことが、医療の第一歩であると考えています。

早徳病院:DATA
住所〒500-8367
岐阜県岐阜市宇佐南1丁目8-1
電話058-272-3253
FAX058-273-6375
URLhttp://www.hayatoku.jp/
診療科目肛門外科、病院・療養所、外科、消化器外科、整形外科、内科、人間ドック、放射線科
診療時間など
駐車場37台 駐車料金 無料
アクセス◆鉄道
JR東海道本線・岐阜駅・南出口
JR東海道本線・西岐阜駅
◆バス
岐阜市バス ハイツ宇佐停留所・徒歩1分
◆車
岐大バイパス 宇佐交差点から2分
◆その他
岐阜銀行本店から西にすぐ
お役立ち情報"医療法人 早徳病院
〒500-8367 岐阜市宇佐南1丁目8番1号 
TEL:058-272-3253
FAX:058-273-6375
診療時間:
午前9:00~12:00(月~土曜日)
午後1:00~5:00(月~木、土曜日)
休診日:金曜午後・日曜・祝日(急患診療可)
無料駐車場:40台
※健康診断は行っております。

【都合によりしばらく金曜午後休診とさせていただきます。火曜午後は診察再開いたします。】"

早徳病院の地図

岐阜県岐阜市宇佐南1丁目8-1 (Sorry, this address cannot be resolved.)

肛門科/早徳病院の詳しい情報です!

"■診療時間
診療時間:月・火・水・木・土曜 09:00~17:00
診療時間:金曜 09:00~12:00
(整形外科のみ火曜日診療)

■休診日
休診日:金曜午後・日曜・祝日(急患診療可)

■医療法人社団双樹会 早徳病院■

■診療科名
外科・肛門外科・放射線科
消化器外科・整形外科・内科
麻酔科(医師:白井直樹)

■乳ガン検診
<診断の方法>
視・触診が基本ですが検診に、エコーやマンモグラフィが取り入れられる以前は、
非触知乳がんの発見に限界があって、術後成績は頭打ちになっていました。
とくにマンモグラフィが導入され、非浸潤性乳管がんに多く見られる微細石灰化像が認知され、
マンモグラフィ読影も認定試験制となって診断も向上し ました。
さらに細胞診、組織診と病理学的に確認します。

<マンモグラフィ検診>
増加している乳がんの早期発見に威力を発揮するマンモグラフィの
最高機種を当院はご用意して皆様の検診をお待ちしています。
マンモグラフィの撮影には女性診療放射線技師を配置して技術の向上に努めているところです。
当院でのマンモグラフィは、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定、
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師が撮影しております。

<早徳病院からのお願い>
早徳病院では平成17年7月から、乳腺外科を開設しました。
この度、専門の超音波装置と最新のマンモグラフィ装置を用意いたしましたので、
乳腺にしこり、痛み、乳房にくぼみ(えくぼ)のあるひと、乳頭から異常分泌のあるひと、
腋の下にしこりのあるひとはお気軽にご相談ください。

■医師名
・早野薫夫
・松原長樹
・白井直樹
・宅野 洋
・古澤泰伸

■急患随時受付

■健康診断
■人間ドック

■入院設備あり

■無料駐車設備あり"

スポンサードリンク
 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この肛門科に口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)の肛門科医院一覧はこちら。

    • 金沢西病院 石川県金沢市駅西本町6丁目15−41 電話076-233-1811
    • 柏木医科クリニック 東京都新宿区北新宿1丁目13−19 電話03-5389-2213
    • 楠病院 福岡県久留米市日吉町115 電話0942-35-2725
    • 宮崎外科 新潟県新潟市西区坂井東3丁目27−8 電話025-260-2233
    • 由井クリニック 兵庫県神戸市西区糀台5丁目10−2 電話078-991-5858

今日のお勧め記事 ⇒ 裂肛(切れ痔) (2)

裂肛の症状の進行とそのための治療は、おおむね以下の通りです。 まずⅠ度の症状ですが、この段階では、まだ、肛門上皮に裂傷(=軽い傷)がある程度です。 治療としては、便通を改善させること、これは主に便秘などを改善して便の硬さを硬すぎない通常の硬さにすることが大事です。 また軟膏や座薬によって、裂肛の浮腫を抑えることで改善します。 次に症状がⅡ度に進むと、肛門上皮に裂傷や浅い潰瘍ができます。 このⅡ度の症状の治療としては、やはりⅠ度と同じく、便通の改善は必須です。 またⅠ度の治療

肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。