トップ 肛門科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)埼玉県 > 鎌田医院

鎌田医院

鎌田医院

肛門科・胃腸科・内科・整形外科

鎌田医院は胃腸・肛門疾患の専門医のいる病院です。
痔などの肛門疾患や胃腸疾患の治療、胃がん・大腸がん
などの早期発見等を通して、地域医療の拠点として、
今後も努力してまいります。

鎌田医院:DATA
住所〒330-0064
埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目23-8
電話048-829-2077
FAX048-822-5800
URLhttp://www.kamata-iin.jp/
診療科目肛門外科、胃腸外科、胃腸内科、肛門内科、整形外科、内科
診療時間など
駐車場
アクセス◆鉄道
JR線・浦和駅・西口出口徒歩7分
お役立ち情報整形外科は火曜日の午前中のみ診療しております。

東北関東大震災にともなう計画停電の為、診療時間変更等でご迷惑をおかけする場合がございます。
心電図、エコー、内視鏡等の検査や手術につきましては停電になった場合実施できませんのでどうぞご了承ください。
やむを得ない場合を除き、停電時間帯を避けてご来院ください。

鎌田医院の地図

埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目23-8 (Sorry, this address cannot be resolved.)

肛門科/鎌田医院の詳しい情報です!

"■検診に重点を置き、必要に応じて胃・大腸内視鏡、
 全身用ヘリカルCTスキャン、腹部・大腸超音波検査等を実施しています。
■大腸がん、胃がんなどの早期発見に数多くの実績を持ちます。
■早期大腸がんは、内視鏡で切除することにより、その多くは完治します。
  しかし進行癌の場合は、当院連携の専門病院をすみやかにご紹介いたします。
■各種大腸疾患、便秘症等の食事生活指導に取り組み、生活の質を高めることを心がけています。
■基本的にメスを使わず、体に負担の少ない最新の治療法-
硬化療法(ジオン注)輪ゴム法のご紹介です。
  一部の症例を除いて、基本的にはメスを使いません。
「肛門括約筋」にもさわらないので、排便機能を損なうことや傷跡等で悩むこともありません。

肛門疾患や各種大腸疾患は、専門の医療設備を有した専門医のいる病院で診察を受けるのがベストです。
鎌田医院では、外部医療機関と連携することにより、実践的なインフォームド
コンセント、セカンドオピニオンを実現しています。
また患者さんのプライバシーに対する配慮にも重点を置いています。
安心してご相談ください。

■初めて受診される方へ
◇初診時
問診票を記入していただきます。
◇診 療
必要に応じて検査を行います。胃電子内視鏡、大腸電子内視鏡、
全身用ヘリカルCTスキャン、大腸レントゲン、直腸肛門鏡、心臓・腹部超音波、
大腸超音波検査、血液・生化学
◇診断及び治療
◇外来治療 外来処置 
  日帰り手術・硬化療法(注射療法)・結紮法(輪ゴム法)
◇入院治療 外科的処置 
  入院手術(3,4日入院を要する硬化療法)ジオン(4段階注射法)を行っています。
■手術療法
◇日帰り手術
手術当日に来院していただき、主に局所麻酔によって手術を行います。
点滴などの治療を行ったあと、診察を行い退院となります。
手術後1週間に1~2度程度通院していただきます。
比較的軽度の症状の 患者さんが対象になります。
◇入院手術
5日~10日程度の入院になります。通常は入院の翌日に腰椎麻酔によって
手術を行います。また翌日からは入浴も可能になります。退院する頃には排便時に
痛みを感じますが、鎮痛剤等で軽減します。10日~2週間程度で痛みが無くなります。
  

院長略歴
◇1972年 (昭和47年)
  東邦大学医学部卒 東邦大学附属大森病院 第一外科入局
◇1981年 (昭和56年)
  学位取得(便通異常・筋電図)
◇1990年 (平成 2年)
  日本外科学会 認定医日本消化器外科学会 認定医
◇1991年 (平成 3年)
  日本大腸肛門病学会 専門医
◇1992年 (平成 4年)日本大腸肛門病学会 指導医
  日本大腸肛門病学会専門医修練認定施設
  東邦大学消化器外来関連施設
  その他地域病院と連携
◇2002年 (平成14年)
  日本外科学会 専門医"

スポンサードリンク
 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この肛門科に口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)の肛門科医院一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 裂肛(切れ痔) (1)

肛門にピリピリする痛みや、チクチク感を感じたら裂肛の可能性があります。 裂肛とは、いわゆる切れ痔といわれるもので、その名の通り、肛門粘膜の切れた症状です。 裂肛は、便がとても硬い場合などに、肛門の上皮に傷ができ、肛門括約筋が痙攣することなどもあって、治りにくくなったものです。 便が硬いとどうしても強くいきんでしまいます。 その上、硬い便が肛門を通過するため、肛門が無理に広げられてしまいます。 裂肛になると、排便時や排便後に強い疼痛を感じたり、新鮮血(=鮮やかな赤い血)の出血

肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。