トップ 肛門科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)肛門にかゆみを感じたら > かゆみを感じたら病院へ

かゆみを感じたら病院へ

かゆみを感じたら病院への画像

肛門に痒みを感じたら、まったく落ち着かないものです。

また肛門科では、肛門が痒いという患者は少なくありません。

先にも、少し触れましたが、肛門の皮膚炎には大別してふたつあります。

ひとつは水虫などのカビの仲間である真菌によるものです。

もうひとつは薬品による化学的な刺激によります。

真菌によるものは、要はお尻のインキンといってもよいでしょう。

この病気は、男性だけではなく、女性にもとても多い病気です。

化学的な刺激の原因になるのは、石鹸、痔の軟膏の副作用、汗、薬のアレルギーなどが挙げられます。

こうした皮膚炎の予防のためには、まずはお尻の部分の風通しをよくすることです。

腰にぴったりとしたズボン類などは避けるほうが良いでしょう。

また下着も化学繊維よりも、木綿などの天然素材で風通しのよいものを選びましょう。

座って仕事をするなど、座っている時間が長い人は、まめに立つことを心がけて、お尻が蒸れないようにしましょう。

お風呂に入ったら、石鹸などは避けて、お湯だけで洗うのが無難です。

それでも十分に清潔になります。

石鹸でごしごし肛門を洗うのは逆効果になるので絶対にやめましょう。

痔の軟膏の副作用でかゆみが出る場合には、使用をすぐに中止して、医師に相談しましょう。

大きな外痔が原因の場合もあります。

その場合には手術で切除しなければならない場合もあります。

掻くことによって病変が拡がりますから、できるだけ掻かずに自分にあった痒み止めを使うようにします。

できるだけ下痢をしないように注意しましょう。

下痢をした後には、ウォッシュレットで洗浄し、肛門とその周辺を清潔にするように心がけましょう。

なかなか痒みがおさまらないなら、必ず医師の診察を受けましょう。

原因をきちんと特定して、それに沿った薬を使います。

真菌が原因なら、薬は水虫の薬と同じです。

他の原因の場合には、炎症を抑える軟膏やステロイドが処方されるでしょう。

座っている時間が長い人のお尻の皮膚炎は治るのにとても時間がかかります。

根気良く、治すようにしましょう。

スポンサードリンク

肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)の肛門科医院一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 排便時の綺麗な赤い血なら

肛門から突然出血したらどんな人でもおろおろしてしまうのではないでしょうか。 それが真っ赤な鮮血だったら、それは恐ろしい気分でしょう。 しかし、肛門から出血した血液が真っ赤な鮮血なら、多くの場合、最も心配の要らない出血です。 もちろん、素人判断は禁物ですが、赤黒い血などよりはまだましだと考えられることが多いのです。 肛門から約10センチまでの部分、すなわち直腸までの部分に病変があった場合、その出血は一般には真っ赤な鮮血です。 この出血の場合にまず考えられるのは、裂肛(=切れ痔

肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。