トップ 肛門科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)肛門からの出血 > コールタールのような黒い便なら

コールタールのような黒い便なら

コールタールのような黒い便ならの画像

排便時の便が黒い便の場合には、胃や小腸などの肛門から離れた内臓器官で出血が起こっている証拠です。

黒色便はタール便とも呼ばれ、様々な原因となる病気が考えられます。

主に考えられる病気としては、食道静脈瘤破裂、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、胃がんなどが主なものです。

まず食道静脈瘤ですが、これは食道や胃の周りの血管が大きく腫れた状態を指し、もしも食道静脈瘤が破裂すると、大出血を起こし、吐血する可能性もあります。

食道や胃静脈瘤自体には症状は無いのですが、もしも静脈瘤破裂によって出血が起こると、吐血したり、黒い便が出たりするのです。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は患部の粘膜、あるいは筋肉がえぐられて傷つく状態です。

特に空腹時に、みぞおち付近が痛かったり、胸焼け、吐き気、食欲不振、吐血、下血がみられます。

胃ポリープは胃の粘膜の上にできるいぼのような腫瘤です。

胃ポリープは胃内腔に突出します。

胃ポリープ自体には、自覚症状はありません。

しかし、胃炎を伴うと、胃もたれ、みぞおち付近の痛み、胃の不快感など、胃炎の症状があらわれます。

もしも胃がんの場合には、下痢、便秘、倦怠感、疲労、血便、貧血などの症状がみられます。

一般にコールタールのような黒い便が出ると、重篤な病気が隠れていることが多いものです。

特別な自覚症状が無いと、つい病院に行くのが後回しになる場合もありますが、血便がでるのは、基本的に体内で不都合なことが起こっている証拠です。

しかも黒い便の場合には、一刻も早く、専門医の診断を仰ぎましょう。

胃ポリープのような、多くの人に見られる症状でも、きちんと調べてもらわなければ、癌でないとは言い切れません。

こうした病気の予防のためには、定期的な診断が不可欠です。

黒い便が出て驚く前に、そうならないように予防措置をとることが重要です。

そのためには自分の身体のことをよく知っていなければなりません。

そのためにも日頃から健康に気をつけ、定期的な診断を受ける、気になることがあれば早めに医師の診断を受けるといった予防措置をとるようにしましょう。

スポンサードリンク

肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)の肛門科医院一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 血栓性外痔核

肛門がズキズキと痛む場合には血栓性外痔核の症状であることもあります。 血栓性外痔核は、元来、痔を持っていないヒトでも突然に発症することがあります。 肛門の外痔核に血栓ができて小さな塊(=血まめ)を形成します。 そのために、腫れや痛みを伴うようになります。 突然、肛門にしこりができて痛くなる感じです。 治療としては、大部分が軟膏で治癒します。 ただ、痛みが非常に強い場合や、大きい場合には、血の塊を取り除くことで早く治癒するため、手術することもあります。 手術の場合でも、日帰り

肛門科ナビ(肛門科の口コミ情報)について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。